芭蕉翁生家

芭蕉翁生家

 芭蕉翁は寛永21年(1644)、現伊賀市で生まれました。両親と6人の兄弟の中で育ちました。大きくなった芭蕉は、藤堂藩伊賀付の侍大将藤堂新七郎家に奉公に出て嫡男の良忠に仕えることとなりました。俳号を蝉吟(せんぎん)といった良忠の縁で、京都の北村季吟(きたむらきぎん)に俳諧を学ぶ機会を得たと思われます。
 良忠の死後、芭蕉はそれまでは趣味としていた俳諧を職業とし、俳諧師として生きるために江戸へ出ます。父の死後、当主は兄となっていましたが、江戸へ出た後も法事などで家へ戻り、故郷の人々と交流を持っていました。自筆の遺言状も実家の兄半左衛門宛に送られています。
現在非公開

芭蕉翁生家

 

芭蕉翁生家

句碑

 

句碑